社会不安障害 改善 克服

販売するページを作ろう

販売するページを作ろう

サイトの構成を練り、文章の書き方が分かったところで、後は記事を大量に作成していくことが、アフィリエイトの大半の活動となります。

 

 

そして記事が増えてきてアクセスが集まってきますと、いよいよ本格的にアフィリエイトをしていくことになります。

 

 

普段の記事に直接アフィリリンクを貼って商売する方法もありますが、販売ページを作ることで、より商品の具体的な説明が出来て、購買意欲を高めることが出来ます。

 

 

また販売ページのみに商品の説明をすることで、仮にその商品が販売終了して別の商品をアフィリすることになっても、販売ページのみの編集ですむことになり管理が楽になります。

 

 

最終的にこの販売ページにたどり着いてもらえることで、実際にアフィリエイト収入を得ることが出来ます。

 

 

販売ページ以外で広告を貼らない

 

 

アフィリエイトリンクを色々な記事に貼ったり、やたらと色々な商品を紹介している人がいますが、それは典型的に稼げないサイトの作り方になります。

 

 

訪問者は広告を見るためにサイトに来ている訳ではなく、自分の悩みを解決できるためや役立つ記事を読みたいがために、サイトに訪れてくれているのです。

 

 

自身で経験あるかと思いますが、広告が貼りまくられたページは読む気も起こらないですし、サイトを信用すらしないと思います。

 

 

サイドのメニューに広告を貼っていたりするサイトもありますが、サイドバーの広告なんて収入が低いですし、見た目も悪くなりますので、全く貼る必要はありません。

 

 

とにかく広告の量は減らし、ここぞと言う時に商品を紹介するのがサイトを、言わば自分を信用してもらえ、実際にアフィリエイトで稼げる基本と言えます。

 

 

1サイトに1広告を意識し、販売ページのみに広告を貼るようにしていけば、有益な情報を提供しつつ、稼いでいくことが出来るようになります。

 

 

とにかく訪問者の役立つサイトを作ることが、ひいては稼げるサイトを作ることになるということを強く覚えておいて欲しいと思います。

 

 

商売の原則は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」です。

 

 

サイトを作っていますと、収入が欲しいがためについつい宣伝して広告を貼りたくなりますが、それでは稼げないと言うことを知り、常に訪問者側の目線になってサイト作りをすることを忘れないようにしていきましょう。

 

 

楽天

admax


ホーム RSS購読 サイトマップ