社会不安障害 改善 克服

アクセス解析をしよう

アクセス解析をしよう

記事が増えてきましたら、実際にどれくらいの訪問者が来ているのかを調べるために、アクセス解析をすることが重要になります。

 

 

とは言え最初の3ヶ月くらいはアクセスがほとんど0に近い状態になりますので、真っ先にやらなくても大丈夫です。

 

 

後から設置する場合でもSIRIUSを使っていれば、一発で全てのページに設置出来ますので、慌てて設置する必要もありません。

 

 

しかし最終的には設置することになりますし、最初の内から動向を掴んでおきたい場合は最初から設置するのもいいでしょう。

 

 

実際私は毎日アクセス解析を眺めて、徐々に訪問者が増えていくのを見ることで、モチベーションアップを図っていました。

 

 

アクセス解析を出来るツールはいっぱいありますが、最初は「グーグルアナリティクス」の1択だと思います。

 

 

サイトが10以上など増えてきますと、一覧で管理できるアクセス解析が便利になりますが、詳細に解析でき、かつ無料で使用できるとなると、これを上回るものは存在しないといってよいでしょう。

 

 

グーグルアナリティクスの設置方法は、グーグルで「グーグルアナリティクス 設置」などで調べると山ほどでてきますので、ここでは割愛します。

 

 

重要なのは何を調べるかということです。

 

 

見るべきポイントは、

 

 

訪問者数(セッション)

 

ページビュー数とページ/セッション

 

直帰率

 

オーガニック検索

 

すべてのページ

 

以上5項目になります。

 

 

訪問者数(セッション)

 

単純に訪問者数が多いとそれだけ売れる確率があがります。

 

 

購入意欲の高い商品(例えば水詰まりや、ハードディスク復旧など)は、

 

 

セッションが低くても売れますが、基本は訪問者数を増やすことが、アフィリエイトの王道となりますので、とりあえずは1日50セッションを目指すようにして下さい。

 

 

最終的には1日1000人以上を目指し、とりあえずの中間目標として、1日200人を超えればサイトは成功したと言えます。
1日200人くらい呼び込めると、月3万円は稼げるサイトは作れることと思います。

 

 

ページビュー数とページ/セッション

 

こちらは何ページ見られたかの指標となります。

 

 

1人の訪問者が平均3ページ見た場合、単純にページビュー数はセッションの3倍になります。

 

 

ページ/セッションとはページビュー数をセッションで割った数になります。

 

 

この数が多ければ多いほど、1人の訪問者が色々なページの記事を読んでくれていることになります。ページビュー数が4を超えていれば、良質な記事を書けているサイトと言えます。

 

 

直帰率

 

 

訪問者が最初のページだけでサイトから離れていった割合を言います。

 

 

単純に数が多いほど、記事を読まれていないことになりますので、60%以上を超える場合は、「読まれる文章の書き方」を参考に、記事の修正を考える必要が出てきます。

 

 

ただ、50%の直帰率なんてのはザラでありますので、その付近であればそれ程深刻に悩むことはありません。

 

 

オーガニック検索

 

 

左のメニューの「集客」→「キャンペーン」より調べることが出来ます。

 

 

こちらはかなり重要な解析の1つで、これによりどういったキーワードで自分のサイトに訪問してきたかが分かるようになります。

 

 

これを参考に新規サイトの立ち上げのヒントにもなりますし、サイトの方向性を考えたりもできます。お宝キーワードも眠っていますので、最低月に1回は見るようにしていきましょう。

 

 

ちなみに(not provided)は解析出来なかった数です。通常1位になりますので、気にする必要は全くありません。

 

 

すべてのページ

 

 

左のメニューの「行動」→「サイトコンテンツ」より調べることが出来ます。

 

 

自分の書いたエントリーページのどの記事が読まれているかを順位で表示させることができます。

 

 

読まれている記事が多いものには積極的に販売ページへの内部リンクを増やして、販売ページに誘導していくようにしましょう。それにより成約率を高め、収入を増やすことが出来ます。

 

 

以上がアクセス解析で調べる重要な事項になります。

 

 

他にも色々なことが調べられますので、
(例えば訪問者のリアルタイムアクセス、性別、年齢など…)
色々見てみると新たな発見があるかも知れません。

 

 

アフィリエイトの始め方についてはこちらからアフィリエイトの仕組み

楽天

admax


ホーム RSS購読 サイトマップ