社会不安障害 改善 克服

交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経

社会不安障害の症状が表れている時は、脳の中では、交換神経が優位の状態なっています。

 

副交感神経が優位の状態になれば、まず症状が表れることがないと言われています。

 

 

副交感神経を優位にするための方法として、一つご紹介させていただきます。

 

「腹式呼吸」です。

 

4秒間、鼻から吸い込み、8秒間、口からゆっくりと息をはいていきます。

 

8秒間、息を吐き続けるというのは、最初、なかなかつらいと考えられます。

 

私の場合ですが、息がはき終わった後には、お腹がぺったんこになっていて、
腹筋をしているような感じでした。

 

 

ですので、最初は1回程から初め、後に回数を増やしていくと 慣れてくると思います。

楽天

admax


ホーム RSS購読 サイトマップ